ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 安部公房とはだれか

  • 安部公房とはだれか

ポイント倍率

安部公房とはだれか

  • 木村陽子/著 木村 陽子
    1972年、東京生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。専攻は日本語・日本文化。2008年から2012年まで早稲田大学演劇博物館のグローバルCOE研究生、研究員、非常勤職員として演劇映像学を研究。2009年から現在まで桜美林大学北東アジア総合研究所の客員研究員として日中関係学を研究。東京学芸大学非常勤講師、同済大学(中国)特別招聘副教授(専任)を経て、埼玉東萌短期大学非常勤講師

  • ページ数
    297,8p
  • ISBN
    978-4-305-70692-8
  • 発売日
    2013年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,700 (税込:1,836

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 小説のみならず、演劇、映画、テレビドラマ等も自ら手掛けた、メディア・アートの先駆者・公房の多彩な表現活動と生涯を俯瞰する。
目次
第1部 安部公房とはなにものか(“リテラリー・アダプテーション”という思想
マルチメディア演劇への道)
第2部 作品論への誘い(『壁あつき部屋』論―罪責のゆくえを追う
戯曲『どれい狩り』論―「主役」としての肖像画
『砂の女』論―「死と性病」の再考から)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 安部公房とはだれか
  • 安部公房とはだれか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中