ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 一台の黒いピアノ… 未完の回想

  • 一台の黒いピアノ… 未完の回想

一台の黒いピアノ… 未完の回想

  • バルバラ/著 小沢君江/訳 バルバラ(Barbara)
    本名モニック・アンドレ・セール。1930年6月9日、パリに生まれる。終戦直後、15歳で学業を中断。声楽家デュセケ教授に師事し、47年、パリのコンセルヴァトワールで学ぶ。50年、ブリュッセルに発ち2年程滞在した後、パリに戻りセーヌ左岸のキャバレー、“レクリューズ”で「真夜中の歌手」として6年間ピアノの弾き語りをつづける。64年、ブラッサンスのリサイタルの「真打ち」として“ボビノ劇場”に初出演。66年、フランス全国2カ月の公演ツアー。1997年11月24日、67歳で死去

    小沢 君江
    1961年、AFS留学生として米国に1年滞在。1965年、早稲田大学仏文科卒。1971年、夫ベルナール・ベローと渡仏。1974年、ベローと共にイリフネ社創立。堀内誠一氏の協力を得てミニコミ誌『いりふね・でふね』創刊。1979年、無料紙『オヴニー』発刊。1981年、民間文化センター「エスパス・ジャポン」創立。2010年6月に創刊した日本に関する仏語の月刊無料紙『ZOOM Japan』の編集に携る

  • ページ数
    213p
  • ISBN
    978-4-8461-1312-4
  • 発売日
    2013年06月

1,800 (税込:1,944

現在、商品はございません。
「入荷お知らせ」をクリックし、メールアドレスを登録いただきますと、商品入荷時にメールでお知らせをさせていただきます。

詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • シャンソンの女王、バルバラは、ユダヤ人として生まれ、ナチス占領下のフランス各地を逃げまどい、放浪し、苦難のなかからシャンソン歌手として成功する。その波乱の人生をはじめて綴った本書、未完の自伝が人びとに強い衝撃を与えたのは、父親による「インセスト=近親相姦」の思い出が語られたことだった。「タルプでの一夜、わたしの全世界が恐怖の地獄に転落した」「父に対して、わたしは強い恐怖心を抱いていた。…夜、大きな扉が音を立てて閉じ、中庭の敷石の上を歩いてくる父の足音が響いてくると、わたしは怖くてベッドの中で震えが止まらなかった」一台の黒いピアノとともに生きたバルバラの生涯…。
目次
未完の回想
断章

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:IL ETAIT UN PIANO NOIR...
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • 一台の黒いピアノ… 未完の回想
  • 一台の黒いピアノ… 未完の回想

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中