ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 製造現場の事故を防ぐ安全工学の考え方と実践

  • 製造現場の事故を防ぐ安全工学の考え方と実践

製造現場の事故を防ぐ安全工学の考え方と実践

  • 中村昌允/著 オーム社開発局/企画編集 中村 昌允
    1945年富山県で生まれ、東京大学工学部工業化学科を卒業後、1968年にライオン油脂株式会社(現ライオン株式会社)に入社。主に合成洗剤の開発研究と工業化に従事した。この間、無リン洗剤、小型化洗剤、新規界面活性剤「MES」、カロチン抽出技術を工業化した。1991年開発責任者として導入したプラントが爆発事故を起こし、以後、安全関係、さらに技術者の行動に深い関心を寄せる。近年発生した化学プラント事故の事故調査委員、労働安全衛生総合研究所外部評価委員などを務める。2005年から東京農工大学技術経営研究科の教授となり、2008年からは東京工業大学客員教授も兼務。埼玉大学より学位(工学)を取得。技術士(化学部門)、労働安全コンサルタント(化学部門)

  • ISBN
    978-4-274-06915-4
  • 発売日
    2013年05月

2,500 (税込:2,700

現在、商品はございません。
「入荷お知らせ」をクリックし、メールアドレスを登録いただきますと、商品入荷時にメールでお知らせをさせていただきます。

詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書では、安全管理の現状から見た課題を、「リスクアセスメント」、「ルール遵守の徹底と変更管理」、「情報伝達とコミュニケーション」としてまとめ、これからの安全管理のあり方として「リスクゼロ(絶対安全)からリスクベースの安全管理への移行」を提言している。
目次
第1章 現場安全管理の課題
第2章 安全管理の基本
第3章 リスクアセスメント
第4章 ルール遵守と変更管理
第5章 情報の伝達
第6章 経営トップの役割と責任
第7章 これからの安全管理
付録 法令ならびに指針に関する解説

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • 製造現場の事故を防ぐ安全工学の考え方と実践
  • 製造現場の事故を防ぐ安全工学の考え方と実践

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中