ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 二つの祖国を生きた台湾少年工

  • 二つの祖国を生きた台湾少年工

二つの祖国を生きた台湾少年工

  • 石川公弘/著 石川 公弘
    昭和9年生れ。昭和18年小学校長から海軍工廠寄宿舎舎監に転じた父と大和へ。早大大学院商学研究科修士課程卒、経営教育に従事、東経大講師、日本ビジネスペンスクール取締役を兼務しながら、大和市議会議員を28年務める。市議会議長時代に元台湾少年工と再会、台湾高座会留日50年、60年、70年歓迎実行委員長。高座日台交流の会会長、日本李登輝友の会常務理事、日台稲門会顧問

  • ページ数
    230p
  • ISBN
    978-4-89063-304-3
  • 発売日
    2013年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 大戦末期、労働力不足を補うため、八四〇〇人余の台湾の少年たちが志願して日本本土へ渡ったことを知る人は少ない―平均一四、五歳の彼らは、全国の航空機工場に派遣され、海軍機の製造と整備に従事した。その高い技術と仕事への忠誠心は各地で称賛され、この年ごろの日本人としては誰よりも勇敢に戦った。終戦を境に中華民国の国民となった彼らを待っていたのは、厳しい戒厳令下の台湾だった。本書は、二つの祖国の最も困難な時代を生き抜いた台湾少年工たちの苦闘の記録である。
目次
第1章 期待に応えた台湾少年工
第2章 宿命のリーダー―李雪峰物語
第3章 最後まで欠かさなかった恩師の墓参り―宋定國物語
第4章 健気に戦う少年工に日本人は優しかった―方錫義物語
第5章 日本を愛した台湾万葉歌人―洪坤山物語
第6章 来世はぜひ日本人として生まれたい―黄茂己物語
第7章 ビジネスと政治の世界で成功した少年工―何春樹物語
第8章 心洗われる台湾日本語世代の考え方
第9章 台湾少年工よ、永遠なれ―「台湾高座会留日七〇周年歓迎大会」への取り組み

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 二つの祖国を生きた台湾少年工
  • 二つの祖国を生きた台湾少年工

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中