ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アジアでがんを生き延びる 東京大学横断型講義

  • アジアでがんを生き延びる 東京大学横断型講義

アジアでがんを生き延びる 東京大学横断型講義

  • 赤座英之/編 河原ノリエ/編 赤座 英之
    東京大学先端科学技術研究センター「総合癌研究国際戦略推進」寄附研究部門

    河原 ノリエ
    東京大学先端科学技術研究センター「総合癌研究国際戦略推進」寄附研究部門

  • ISBN
    978-4-13-063402-1
  • 発売日
    2013年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,520

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 感染症から非感染症へと疾病構造が変容するなか、アジアにおけるがんは急増している。医療のみならず、政治、経済、外交、文化などさまざまな課題と密接に関わるがんに、私たちはどのように向き合えばよいのか。東京大学日本・アジア学講義を書籍化。
目次
第1部 日本の医療の課題と展望(アジアのがんの特徴と今後の課題
医療制度の構図と日本の課題―日本型超高齢社会をいかに迎えるのか ほか)
第2部 今、日本ができることとは(がん医療とアジア
保健・医療分野における先導的成熟国家としての日本―アジアにおける政策的役割と課題 ほか)
第3部 新規医薬品開発の未来(アジアでの抗がん剤開発をめぐる状況と製薬企業のあり方
アジアにおける製薬企業の抗がん剤開発 ほか)
第4部 グローバリズムとナショナリズムの超克(がん撲滅はアジア諸国と日本の共通の連携基盤となるか
アジア協調外交におけるリアリズム ほか)
第5部 がんと文化を考える(がんという文化
取材者として、がん患者として ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • アジアでがんを生き延びる 東京大学横断型講義
  • アジアでがんを生き延びる 東京大学横断型講義

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中