ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 毒婦伝説 高橋お伝とエリート軍医たち

  • 毒婦伝説 高橋お伝とエリート軍医たち

毒婦伝説 高橋お伝とエリート軍医たち

  • 大橋義輝/著 大橋 義輝
    ルポルタージュ作家。東京・小岩で生まれ育つ。明治大学(文芸学科)、米国サンノゼ州立大学(ジャーナリズム学科)、中国アモイ大学(中国語)、二松学舎大学(国文学科)等で学ぶ。元フジテレビ記者・プロデューサー。元週刊サンケイ記者。黒澤映画のエッセイ「私の黒澤明」で最優秀賞(夕刊フジ)

  • ページ数
    169p
  • ISBN
    978-4-7634-1054-2
  • 発売日
    2013年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 最後の斬首刑に処せられ、ゴシップ報道のさきがけとなった「明治の毒婦」お伝の実像。彼女の陰部を標本にして隠匿した731部隊に繋がる軍医たち。歴史の闇に消えていった驚愕の事実…。
目次
第1章 毒婦の正体
第2章 最後の斬首刑
第3章 東京大学本郷キャンパス
第4章 誰がお伝を腑分けしたのか
第5章 再び東大に突撃
第6章 世界的な天才学者が書いたお伝の論文
第7章 お伝の線上に浮かびあがる七三一部隊人脈
第8章 戦後浅草に現れたお伝の標本
第9章 お伝腑分けの真実
第10章 お伝の標本、再び東京に現れる
最終章 髑髏の謎

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 毒婦伝説 高橋お伝とエリート軍医たち
  • 毒婦伝説 高橋お伝とエリート軍医たち

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中