ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • エルトゥールル号の遭難 トルコと日本を結ぶ心の物語

  • エルトゥールル号の遭難 トルコと日本を結ぶ心の物語

エルトゥールル号の遭難 トルコと日本を結ぶ心の物語

  • 寮美千子/文 磯良一/絵 寮 美千子
    1955年、東京に生まれ千葉で育つ。外務省勤務、広告コピーライターを経て、1986年、毎日童話新人賞受賞をきっかけに作家活動に入る。2005年、泉鏡花文学賞受賞。2童話、詩、小説、ノンフィクションを執筆。ジャンルも自然科学から先住民文化や神話まで幅広い

    磯 良一
    1962年、群馬県生まれ。桑沢デザイン研究所卒業。スクラッチ・イラストレーションの技法で書籍、雑誌、絵本などの装画や挿絵を中心に活躍

  • ページ数
    62p
  • ISBN
    978-4-7780-3759-8
  • 発売日
    2013年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 1890年(明治23)、イスタンブールからやってきたトルコの軍艦が故国への帰路、嵐に遭って紀伊半島沖で沈没した。そのとき、串本・紀伊大島の人々は危険を顧みずに海へ向かった。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 小学34年生 小学5

商品のおすすめ

トルコ人が今も感謝する救助物語

1985年3月、イラン・イラク戦争の開戦直前、在イランの日本人200名以上は脱出方法が見つからずに生命の危機に瀕していました。その時、トルコ政府は2機のトルコ航空機をテヘランへ派遣して、215人の在留邦人を救出してくれました。感謝の言葉を述べる日本人に対し、トルコ政府は「私たちは100年前の日本人の恩を忘れていません」と答えました。その恩とは、本書が描く「エルトゥールル号の遭難」です。1889年、エルトゥールル号はトルコ皇帝の命を受け、日本に派遣されましたが、任務を終えて帰国の途上、大嵐にのまれ、紀伊半島の大島沖で沈没してしまいました。このとき大島の漁師たちは大嵐の中を懸命に救助して、500人中69人を助け、その生存者は、日本の軍艦でトルコへと送り届けられたのです。本書は、「日本とトルコを結ぶ心の物語」として、「エルトゥールル号の遭難」を描いた本です。子どもたちが分かりやすいように、本文は児童文学者の寮美千子先生、イラストは世界に知られるスクラッチイラストの第一人者の磯良一さんが担当しました。

ページの先頭へ

閉じる

  • エルトゥールル号の遭難 トルコと日本を結ぶ心の物語
  • エルトゥールル号の遭難 トルコと日本を結ぶ心の物語

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中