ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 反市民の政治学 フィリピンの民主主義と道徳

  • 反市民の政治学 フィリピンの民主主義と道徳

反市民の政治学 フィリピンの民主主義と道徳

  • 日下渉/著 日下 渉
    1977年埼玉県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。九州大学大学院比較社会文化学府博士課程単位取得退学。博士(比較社会文化)。京都大学文学研究科グローバルCOE研究員、京都大学人文科学研究所助教を経て、名古屋大学大学院国際開発研究科准教授。主な業績に「秩序構築の闘争と都市貧困層のエイジェンシー―マニラ首都圏における街頭商人の事例から」『アジア研究』53(4)、2007:20‐36頁(第6回アジア政経学会優秀論文賞受賞)など

  • シリーズ名
    サピエンティア 30
  • ISBN
    978-4-588-60330-3
  • 発売日
    2013年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,200 (税込:4,620

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 選挙違反が日常的なこの国に「正しい」民主主義は根付かないのだろうか。スラムの住民と暮らした経験から、新たな共同性の未来を探る。
目次
序章 フィリピン民主主義と道徳政治
第1章 分析枠組みの提示
第2章 二重公共圏の形成
第3章 ピープル・パワーをめぐる道徳的対立
第4章 選挙をめぐる道徳的対立
第5章 都市統治をめぐる道徳的対立
第6章 道徳的ナショナリズムの再興
終章 道徳政治を越えて

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 反市民の政治学 フィリピンの民主主義と道徳
  • 反市民の政治学 フィリピンの民主主義と道徳

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中