ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 銀嶺に向かって歌え クライマー小川登喜男伝

  • 銀嶺に向かって歌え クライマー小川登喜男伝

ポイント倍率

銀嶺に向かって歌え クライマー小川登喜男伝

  • 深野稔生/〔著〕 深野 稔生
    1942年東京浅草生まれ。戦争末期に仙台へ疎開。物心つく頃から疎開先の里山を遊びまわり新しい世界を知る。公益社団法人日本山岳ガイド協会所属。無名山塾仙台塾長。仙台YMCA山岳会前会長。広告デザイン事務所(株)深野プロ代表取締役会長

  • ページ数
    311p
  • ISBN
    978-4-622-07739-8
  • 発売日
    2013年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日誌を元に、関係者の証言や稀少な文献を精査して、小川登喜男という稀代の登山家の肖像を初めて明かした力作評伝。
目次
第1話 国境稜線に立つ―一九三〇年夏
第2話 東北帝国大学山岳部の生い立ち―一九二三年春
第3話 三日月のアヴェ・マリア―一九二八年四月
第4話 青木小舎に思索生活を探して―一九二九年冬
第5話 谷川岳そして次なる径へ―一九三〇年冬
第6話 闇に飛ぶキューエルスフロイド―東京帝大時代
第7話 もう一度穂高へ―生のきらめきを求めて
あのころはいつも輝いていた―むすびにかえて
付録 森の中(小川登喜男)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 銀嶺に向かって歌え クライマー小川登喜男伝
  • 銀嶺に向かって歌え クライマー小川登喜男伝

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中