ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 陸域生態系の炭素動態 地球環境へのシステムアプローチ

  • 陸域生態系の炭素動態 地球環境へのシステムアプローチ

陸域生態系の炭素動態 地球環境へのシステムアプローチ

  • ISBN
    978-4-87698-254-7
  • 発売日
    2013年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,800 (税込:5,280

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 大気中の二酸化炭素、水中の炭酸、生物の体を作る有機物や化石燃料……炭素はどこにどのように存在し、いかに循環するか。
目次
第1章 総論―地球システムにおける陸域生態系のなりたち(炭素の統合的管理のために
地球史概観―地球形成から生物圏の誕生まで
生態系と物質循環
地球上の自然植生の分布と気候条件
森林に関するいくつかの視点
草原に関わるいくつかの視点
生物分布における収斂と適応放散)
第2章 システムアプローチ手法の展開(炭素動態を解明するシステムアプローチ手法の確立
渦相関法によるフラックス測定と解析
土壌炭素フラックスの調査法と解析
生態学的手法による炭素プールとフローの調査と解析
衛星リモートセンシングの植生活動と広域植生解析
陸域生態系モデルによる炭素収支評価)
第3章 地上観測からみた各種陸域生態系での炭素動態(亜寒帯針葉樹林―北方林
温帯林
熱帯林
高山草原の炭素収支―青海・チベット草原
水田)
第4章 広域の炭素動態―観測・モデル・リモートセンシング(地上観測ネットから見えてきた炭素動態
衛星リモートセンシングによる炭素動態
モデルによる炭素動態の解明)
第5章 世界の中でのアジア陸域生態系の特性―システムアプローチ手法で迫る炭素動態(東アジア域の炭素動態
中長期的な炭素管理にむけた陸域生態系の統合的評価)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 陸域生態系の炭素動態 地球環境へのシステムアプローチ
  • 陸域生態系の炭素動態 地球環境へのシステムアプローチ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中