ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • あのとき、文学があった 「文学者追跡」完全版

  • あのとき、文学があった 「文学者追跡」完全版

ポイント倍率

あのとき、文学があった 「文学者追跡」完全版

  • 小山鉄郎/著 小山 鉄郎
    1949年群馬県生まれ。一橋大学卒。73年共同通信社入社。川崎、横浜支局、社会部を経て84年から文化部で文芸欄、生活欄などを担当。現在、同社編集委員兼論説委員

  • ISBN
    978-4-8460-1207-6
  • 発売日
    2013年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,104

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 記者である著者が追跡し続けた、数々の作家たちと文学事件!文壇が、状況が、そして作家たちが、そこに在った1990年代の文学血風録。
目次
NYタイムズの村上春樹評―1990年1月
開高健の最期―1990年2月
45度で交錯する視線―1990年3月
永山則夫の文藝家協会入会問題―1990年4月
「内向の世代」作家にとっての家―1990年5月
在日文学者が日本語で書く意味―1990年6月
久間十義の三島賞受賞―1990年7月
再び永山則夫の入会問題―1990年8月
記者より「探偵」への報告―1990年9月
日本語翻訳者の成熟―1990年10月〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • あのとき、文学があった 「文学者追跡」完全版
  • あのとき、文学があった 「文学者追跡」完全版

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中