ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 武相近代史論集 八王子・津久井を中心に

  • 武相近代史論集 八王子・津久井を中心に

武相近代史論集 八王子・津久井を中心に

  • 沼謙吉/著 沼 謙吉
    昭和7年(1932)4月1日八王子市本郷町に生まれる。昭和28年(1953)3月都立立川高等学校卒業。昭和34年(1959)3月早稲田大学教育学部卒業。昭和35年(1960)5月神奈川県立相原高等学校に勤務、以後上溝高等学校、相模原技術高等学校を歴任。平成4年(1992)3月城山高等学校を定年退職。現在、津久井町史編集委員会委員長、八王子市史編さん審議会委員、日野市古文書等歴史資料整理編集委員会委員

  • ページ数
    465p
  • ISBN
    978-4-89708-300-1
  • 発売日
    2013年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 武相の地、八王子と津久井を生活の場としている著者が、その地域の近代史と取り組んで60年、その成果の一端をこの一書にまとめた。千人同心と織物史、自由民権運動と困民党、キリスト教と蘭学などなど、すべて地域史の基本事項がこの一冊に凝縮されている。
目次
第1章 幕末・維新期の多摩(幕末多摩の維新への道
維新の千人同心―天然理心流松崎派継承者・楠正重の生涯)
第2章 キリスト教の展開(部落解放運動におけるキリスト教と民権運動の率割
明治前期におけるギリシャ正教受難史―八王子・葬儀事件をめぐる闘い ほか)
第3章 自由民権運動と困民党事件(自由民権期の八王子―自由党と立憲改進党の動向
南多摩自由民権運動史―日野地域を中心にして ほか)
第4章 養蚕・製糸・織物の発展(八王子駅生糸改会社
八王子織物組合の成立と染色講習所 ほか)
第5章 多摩の文化の源流(幕末・明治多摩の名医たち―多摩の医療史概観
俳諧文化と近代多摩の指導者層 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 武相近代史論集 八王子・津久井を中心に
  • 武相近代史論集 八王子・津久井を中心に

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中