ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 2時間でよくわかる新島八重 永久保存版

  • 2時間でよくわかる新島八重 永久保存版

ポイント倍率

2時間でよくわかる新島八重 永久保存版

  • 吉海直人/著 吉海 直人
    1953年、長崎県生まれ。國學院大學大学院修了。博士(文学)。現在、同志社女子大学表象文化学部日本語日本文学科教授。専門は平安時代の物語文学・和歌文学。主に源氏物語と百人一首の研究を行っている。また、同志社創設者新島襄の妻「新島八重」研究会の座長を務める

  • ページ数
    246p
  • ISBN
    978-4-7762-0780-1
  • 発売日
    2013年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 新島八重研究の第一人者、同志社女子大教授が八重の真実を発掘史料で描く。
目次
プロローグ いまに生きる、八重の生き方―『八重の桜』をとことん楽しむ10のポイント(八重の「悪妻伝説」はこうしてできた
どうしていままで光が当たらなかったのか ほか)
第1章 「ならぬことはならぬ」―八重をつくった教え(会津藩「砲術師範」山本家の娘として生まれる
60キロの俵を肩まで上げ、運動神経に優れた「おてんば娘」 ほか)
第2章 幕末のジャンヌ・ダルク―八重の戦争(愛する父と弟を失った「八重の戦争」は、このように始まった
会津は、負け戦を承知で新政府に徹底抗戦した ほか)
第3章 ハンサム・ウーマン―襄とともに新しい時代を生きる(処刑されたと思っていた兄・覚馬のもとで京都での新しい生活を始めた
西郷隆盛をうならせた「管見」で、覚馬は京都で重要された ほか)
第4章 日本のナイチンゲール―社会に奉仕し、女性の地位向上に努める(襄の死後、鵺と呼んで反目した徳富蘇峰と仲直りした
襄が亡くなっても、生徒はわが子同然だった ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 2時間でよくわかる新島八重 永久保存版
  • 2時間でよくわかる新島八重 永久保存版

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中