ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 戦争と平和の国際関係学 地球宇宙平和学入門

  • 戦争と平和の国際関係学 地球宇宙平和学入門

戦争と平和の国際関係学 地球宇宙平和学入門

  • 岩木秀樹/著 岩木 秀樹
    1968年、兵庫県尼崎市生まれ。創価大学大学院博士後期課程修了、博士(社会学)。専門、平和学、国際関係学、中東イスラーム学。現在、創価大学非常勤講師

  • ISBN
    978-4-8460-1217-5
  • 発売日
    2013年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,180

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 戦争と平和と宗教。平和学の研究史を踏まえ、具体的な地球研究も視野に入れ、人類史的観点で地球を考察し、弱者のための“国際関係学”構築を目指す。
目次
第1部 History研究史―歩みと論争(国際関係学研究史
平和学研究史
国際関係思想史―グロテイウスからモーゲンソーまで
国際関係学の論争―名称・方法と脱実証主義論争
国際関係学の課題と将来―脱領域・関係性・多様性)
第2部 Issue問題―戦争と非戦(暴力の起源―本能と集団
国民国家の暴力と戦争原因論
非戦の歴史―憲法9条と自衛権・主権概念の再検討)
第3部 Perspective視座―イデオロギーと国際関係(ナショナリズムの動向と課題
ジェンダーから見た国際関係学
オリエンタリズム論議と自他認識
グローバリゼーションの問題戸新しいコモン(共同)の可能性)
第4部 Area地域―アジアとイスラーム(日本問題としての「沖縄問題」―沖縄の歴史・基地・現在
日本と朝鮮の課題と将来
現在の国際情勢における中東イスラーム世界と米国)
第5部 Future展望―地球宇宙と思想(私たちはどこから来てどこへ行くのか―宇宙地球史と20世紀の特徴
文明の衝突から文明の対話へ―宗教の現在と宗教間対話の意義
地球宇宙平和学を求めて―公共哲学と仏教の役割と課題)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 戦争と平和の国際関係学 地球宇宙平和学入門
  • 戦争と平和の国際関係学 地球宇宙平和学入門

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中