ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 蘭郁二郎探偵小説選 2

  • 蘭郁二郎探偵小説選 2

蘭郁二郎探偵小説選 2

  • 蘭郁二郎/著 蘭 郁二郎
    1913(大2)年、東京都生まれ。本名・遠藤敏夫。別名・林田葩子。東京高等工業学校の電気工学科に入学した1931(昭6)年、平凡社版『江戸川乱歩全集』の付録小冊子『探偵趣味』の掌編探偵小説募集に「息を止める男」が佳作入選。35年、探偵小説愛好家の仲間と『探偵文学』を創刊し、「足の裏」(35)「蝕眠譜」(同)「〓(あぶ)の囁き」(36)などを発表。37年、後継誌『シュピオ』の編集実務に携わり、『探偵文学』時代からの連載長編「白日夢」(36~37)を完結させた

  • シリーズ名
    論創ミステリ叢書 60
  • ISBN
    978-4-8460-1216-8
  • 発売日
    2013年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,960

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 時局下に書き継がれた幻の探偵小説集。犯人当て懸賞小説「黒い東京地図」、文体模写小説「死後の眼」ほかデビュー作から遺作までを俯瞰。「蚯蚓語」などのエッセイも同時収録。
目次
創作篇(息を止める男
足の裏
〓(あぶ)の囁き―肺病の唄
鱗粉
雷 ほか)
評論・随筆篇(蚯蚓語

緑衣の鬼
謎の夢久氏
新緑蚯蚓語 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 蘭郁二郎探偵小説選 2
  • 蘭郁二郎探偵小説選 2

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中