ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 価格の心理学 なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?

  • 価格の心理学 なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?

価格の心理学 なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?

  • リー・コールドウェル/著 武田玲子/訳 コールドウェル,リー(Caldwell,Leigh)
    価格リサーチの専門家。認知・行動経済学者。数学者。18歳で数学の学位を首席で取る。1994年、価格リサーチのコンサルタント会社Inonを設立。行動経済学と心理学をベースに最適な価格を解析する。価格コンサルティングに従事するかたわら、ビジネス解説者としてBBC Newsを含む多数のメディアに頻繁に出演する

    武田 玲子
    慶應義塾大学商学部卒。鉄道および食品大手で長年にわたり広報・IR業務を経験後、翻訳に携わる。主にビジネス、マネジメント分野の翻訳を手がけている

  • ページ数
    304,13p
  • ISBN
    978-4-534-05042-7
  • 発売日
    2013年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ■「つい、買ってしまった! 」
    高くてもお客が満足する値段の秘訣

    本書では、価格戦略について「消費者の購買心理学」と「行動経済学」の観点から
    アプローチし、新しい価格設定の技法を解説します。お客は売り場で何をどう認識
    して購買を決定するのか、その決定はいかに「不合理」かを、さまざまな実証データ
    や最新のリサーチをもとに明らかにしていきます。

    架空の会社、「チョコレートティーポットカンパニー」の期待の新ドリンク
    「チョコレートポット」の商品戦略ストーリーをもとに、ポジショニング戦略、
    購買決定を容易にするプライスポイントの見つけ方、マーケットのセグメント化など、
    現代の消費者にあった価格戦略のあり方を探ります。

    コストに利益マージンを上乗せしたり、類似競合品の価格にあわせたりする
    従来の価格の決め方は、成熟マーケットではほとんど意味のないことが
    しだいに浮き彫りになっていきます。

    ーお客は価格の何をどう感じているか?
    ーお客の「欲しい」を引き出す価格とは?
    ー競合品より高い価格でも売れるポイントは?
    ー「買い」へと誘導する価格の「アンカリング効果」とは?

    お客の「不合理な選択」の法則を読み解く
    新しい「プライシング戦略」の教科書
目次
ポジショニングと価格設定―どこで、何と比較させるかで価格は変わる
原価に基づく試算―「適正価格」ではなく、「最低価格」を把握する
顧客心理の読み方―価格の差別化で顧客の「欲しい」を引き出す
マーケットのセグメンテーション―顧客の決定はじつに「不合理」
バイアスとの戦いと公平さの追求―マーケットには価格の「壁」が潜む
記憶と期待―新商品の価格設定をリフレーミングする
アンカリング効果―価格比較の心理を操作する
マーケットでの競争戦略―値引き競争を避けるベストプライスの見つけ方
おとり戦略―非対称の優位性「ボーラーハット理論」を利用する
代金の後払い―支払いがずっと後ならサイフのひもはゆるむ〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:THE PSYCHOLOGY OF PRICE
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 価格の心理学 なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?
  • 価格の心理学 なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中