ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 司祭・谷口幸紀の「わが道」

  • 司祭・谷口幸紀の「わが道」

司祭・谷口幸紀の「わが道」

  • 谷口幸紀/著 谷口 幸紀
    1939年、大阪府生まれ。1958年上智大学文学部哲学科に入学。博士課程に進み、中世哲学研究室の助手となる。1969年国際金融バンカーへの道を歩み出す。コメルツバンク、リーマンブラザーズなどで銀行・証券業に携わる。1985年神父への道を模索しはじめ、一時、東京・山谷で日雇い暮らしを経験する。1989年ローマ教皇庁立グレゴリアーナ大学で神学を学ぶ。1994年司祭に叙階され、ローマ教区の教会に勤務。1997年神学修士号を取得して帰国。高松教区司祭として小教区主任司祭、司教館付き教区会計、教区立神学校スタッフを歴任。2005年ローマのラテラノ大学付属研究所に出向。2008年ローマの「日本のためのレデンプトーリスマーテル神学院」院長の秘書として現在に至る

  • ページ数
    283p
  • ISBN
    978-4-434-17227-4
  • 発売日
    2013年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 生き馬の目を抜く国際金融マンからカトリック宣教師へと奇想天外の大変身を果たした老司祭の目に、東日本大震災は、伝統の秋祭りに託す日本人の心情は、貧困の痛みは、自殺の多さはどう映っているのか。キリスト教がこの国に根付く道を求める老師の大胆な分析と提言。好評シリーズ「司祭のわが道」第3弾。
目次
1 ぼくの内で揺れ続ける「東日本大震災」(犠牲者への鎮魂歌―本章のはじめに
巨大津波の爪痕を見つめて祈る―東松島町で出会った人と光景 ほか)
2 世界の最新宗教事情(回教徒、信徒数でついに世界一!?―数が全てではないというけれど
ユダヤ教の過去と近未来―その成り立ちを考えてみる ほか)
3 キリスト教が「異文化」に受肉する条件(教皇の散歩道に咲く「春」―桜前線、ただいまバチカンを通過中
キリスト教は日本に根付きうるか―わが「インカルチュレーション」試論 ほか)
4 「アーミッシュ」とカトリック共同体(「赦し」の極意―残虐な殺人犯を即座に赦す論理)
5 司祭館の窓から(日本の祭りと信仰―季節を彩る風物詩
聖週間、ところ変われば―わが心のタルクイニア ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 司祭・谷口幸紀の「わが道」
  • 司祭・谷口幸紀の「わが道」

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中