ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 傷寒論訳注

  • 傷寒論訳注

傷寒論訳注

  • 家本誠一/著 家本 誠一
    1923年11月、神奈川県横浜市に生まれる。1947年9月、千葉医科大学卒業。1951年4月、千葉大学医学部病理学教室に入局。4年間在籍して医学博士の学位を得る。1956年8月、横浜市において内科医院を開設。龍野一雄先生に就き、『傷寒論』、『金匱要略』を学ぶ。1960年4月より、井上恵理先生に就き、鍼灸、経絡治療を学ぶ。1971年10月より、柴崎保三先生に就き、『素問』、『霊枢』を学ぶ。1982年、東京で「中国古典医学研究会」を設立し、『素問』、『霊枢』、『鍼灸資生経』、『銅人兪穴鍼灸図経』を読む

より深く理解できる『傷寒論』解説の決定版

  • ISBN
    978-4-89531-749-8
  • 発売日
    2013年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

9,800 (税込:10,780

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 長年にわたり『傷寒論』や『金匱要略』といった東洋医学の古典を学んできた家本誠一氏が、『宋本傷寒論』の全文を徹底解説。
    平安末期から読み続けてきながら、日本人がいまだに正確に理解できないのは読み込んでこなかったためだと考える著者が、『素問』『霊枢』に基づいてその本質を紹介。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 傷寒論訳注
  • 傷寒論訳注

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中