ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 八重さん、お乗りになりますか

  • 八重さん、お乗りになりますか

八重さん、お乗りになりますか

  • 本井康博/著 本井 康博
    同志社大学神学部教授(1942年生)。神学博士。専攻は日本プロテスタント史、とくに新島襄ならびに同志社史

  • シリーズ名
    新島襄を語る 別巻2
  • ページ数
    302,12p
  • ISBN
    978-4-7842-1669-7
  • 発売日
    2012年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,900 (税込:2,052

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 京都では当地最初のクリスチャンとなり、周辺から「悪妻」と非難されてもひるまずに自分を貫き、信念のままに生きた、モダンレディ新島八重の人生を話し言葉で紹介する京都編。八重の夫・新島襄を中心とした「新島ワールド」の案内人と自他ともに認め、永年にわたって夫妻の足跡をたどってきた著者(同志社大学教授)でしか書けない濃密な八重入門の決定版。
目次
山本八重子の再婚―プロポーズはどちらから
二度目の結婚生活―牧師夫人としての八重
究極の「悪妻伝説」―八重にまつわるよからぬ噂
亡夫・襄にまつわる秘話―新島記念会での八重発言
八重講話「美徳を以て鏡としなさるように」―日本女子大生へのメッセージ
右手に童子訓、左手に聖書―新島八重とキリスト教(一)
「鉄の女」の信仰―新島八重とキリスト教(二)
「神のよき友と為れ」―新島八重とキリスト教(三)
新島宗竹―茶道でもパイオニア
新島八重と茶道―裏千家との交遊
八重の忘れられた姉―幻の窪田うら
八重の子どもたち―新島家と広津家の人びと
米沢人との交流―ふたりの夫をめぐって
八重と米沢―新島初をめぐって

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 八重さん、お乗りになりますか
  • 八重さん、お乗りになりますか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中