ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • すらすら読めてわかりやすい「新島八重」伝説

  • すらすら読めてわかりやすい「新島八重」伝説

ポイント倍率

すらすら読めてわかりやすい「新島八重」伝説

  • 黒沢賢一/著 黒沢 賢一
    歴史伝説研究家。早稲田大学大学院政治学研究科修了後、大学、専門学校講師を経て私塾主宰。これまでにNHK文化センター、福島県青少年育成県民会議「大人への応援講座」講師なども務める。また子供たちと地域の歴史を調べ歩く「ふるさと塾」をボランティアで開講し、在野の教育者として第一線で奮闘しながら、全国各地の歴史伝説ゆかりの地を訪ね歩き、その採集と研究にも取り組んでいる

  • ページ数
    255p
  • ISBN
    978-4-88142-564-0
  • 発売日
    2012年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

952 (税込:1,028

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「幕末のジャンヌダルク」「会津の巴御前」「スペンサー銃の女」「烈婦」「鵺」「悪妻」「ハンサムウーマン」「日本のナイチンゲール」「同志社のおばあさま」「新島のおばあちゃん」。新島八重には、その人生のそれぞれの過程で、さまざまなニックネームがある。それはまるで、一人で何役も演じる女優のようでもある。江戸、明治、大正、昭和という激動の時代を生き抜いた女性・新島八重の生涯を読み解く、読みやすくてわかりやすい「新島八重」本の決定版。
目次
第1章 ならぬことはならぬ
第2章 幕末のジャンヌダルク
第3章 会津から京都へ
第4章 ハンサムウーマン
第5章 襄と過ごした日々
第6章 日本のナイチンゲール
第7章 新島のおばあちゃん

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • すらすら読めてわかりやすい「新島八重」伝説
  • すらすら読めてわかりやすい「新島八重」伝説

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中