ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • これでいいのか大阪府大阪市 キタとミナミの社会格差タブーに迫る!

  • これでいいのか大阪府大阪市 キタとミナミの社会格差タブーに迫る!

これでいいのか大阪府大阪市 キタとミナミの社会格差タブーに迫る!

  • 三宅敏行/編 山下敬三/編 橋村貴明/編 三宅 敏行
    1975年三重県生まれの編集者。西成から転居。浪速区、西区を転々とする

    山下 敬三
    1984年大阪市生まれ。ライター兼編集者。港区で生まれ、幼稚園から小学校までを此花区で過ごすが、阪神・淡路大震災の影響で再び港区に戻る

    橋村 貴明
    1973年青森県生まれ。高校の時に大正区へ移り住む。大学卒業後、編集プロダクションへ入社後、フリーのライター兼編集者となる

  • ISBN
    978-4-89637-406-3
  • 発売日
    2012年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

1,300 (税込:1,430

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 大阪のイメージと言えば「コナモン」「お笑い」「なんか危なそう」……。まさに、その通りです! あえて否定はしません。大阪人には日本第2の都市、なんていう意識はまったくなく、独立国家・大阪として笑いとコナモンにまみれながら、根っからの商売根性とノリで邁進してきました。
     しかし今、大阪は間違いなく揺れています。大阪維新の会が高らかに改革をぶち上げ、いろんな意味で注目されるようになった大阪市は、街全体が改革の真っ只中なのです。キタの大阪駅周辺は駅ビルの完成に続いて「うめきた」なる開発エリアが登場し、どんどん高層ビルが立ち並んで近代化。一方、ミナミでは道頓堀や心斎橋が街の勢いを失くし、開発とは無縁のディープエリアは高齢化がどんどん進んでひっそりとしたままです。まさに、キタとミナミに危ない境界線が引かれて社会格差は広がる一方なのです。
     さらに、大阪市を取り巻く環境に目を向けてみれば、深い癒着体質だった市制や多額の負債を抱える3セクの遺物、連続する府警の不祥事に犯罪ワースト1のオンパレード、生活保護の町と揶揄された西成区など、改革が進みつつある現在でも、さまざまな問題が山積み状態なのだ。
     もうノリでは解決できまへん! これでええんか? 大阪市!!
    「天下の台所」「東洋のマンチェスター」「くいだおれの街」と、さまざまな名前で呼ばれながら時代を切り抜けてきた大阪。果たして今後、アジアに向けた国際都市、大阪を作り上げることができるのだろうか? 
     そこで本書では、大阪市が抱えるタブーに鋭くツッコミを入れながら、開発に揺れる街と大阪人の特徴を地域ごとに分けて徹底的に分析。「コナモン」と「お笑い」だけでは計りしれない、新たな街の解説書となれば幸いである。
目次
キタとミナミの社会格差タブーに迫る!独立国家「大阪」に新たな問題!!―ディープエリアと開発エリアの危ない境界線
第1章 大阪人気質全開!ミナミエリア
第2章 大阪駅北開発でキタにバブル到来?
第3章 よそ者が住むなら安心?市内中央「筋」文化圏
第4章 東西の果てこそ庶民のためのパラダイス
第5章 投げて走って笑い飛ばす大大阪の文明開化
第6章 上町断層に南海トラフ防災対策は本当に大丈夫なのか
第7章 結局のところ大阪ってどうなん?

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • これでいいのか大阪府大阪市 キタとミナミの社会格差タブーに迫る!
  • これでいいのか大阪府大阪市 キタとミナミの社会格差タブーに迫る!

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中