ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 吉原 公儀と悪所

  • 吉原 公儀と悪所

吉原 公儀と悪所

  • 石井良助/著 石井 良助
    1907年東京生まれ。東京大学法学部卒業。法学博士。東京大学名誉教授。1990年文化勲章受章。1993年1月12日逝去

  • シリーズ名
    明石選書
  • ISBN
    978-4-7503-3711-1
  • 発売日
    2012年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,760

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 吉原は将軍のお膝元で唯一の遊郭であり、特別な庇護と自治が与えられる一方、遊女は籠の鳥といわれたように周囲と隔絶され厳しい統制の下に置かれた。囲われた町の中では独特の制度、階級、職業が生まれ、芸能、風俗など町人社会に影響を及ぼす文化が形成されていく。本書は吉原開設の事情から遊女屋、遊客、遊女などの実態を法制史的見地に基づいて描き、公儀により制度化された「悪所」吉原の江戸社会における役割を明らかにする。
目次
元吉原
新吉原
遊女屋
遊客
遊女

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 吉原 公儀と悪所
  • 吉原 公儀と悪所

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中