ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 漫画・居酒屋のつまみを劇的に旨くする技術

  • 漫画・居酒屋のつまみを劇的に旨くする技術

漫画・居酒屋のつまみを劇的に旨くする技術

  • 筆吉純一郎/著 伏木亨/監修 筆吉 純一郎
    福井県生まれ。法政大学卒業後、イラストレーターを経て漫画家に。4コマ漫画からルポルタージュ漫画まで幅広く手がける

    伏木 亨
    1953年、京都府生まれ。京都大学農学部卒業。同大学院を経て、京都大学大学院農学研究科教授。日本香辛料研究会会長なども務める。専門は食品科学、栄養化学。おいしさを感じるしくみを、生理学、脳科学、食文化、食品科学といった幅広い観点から研究している

  • シリーズ名
    メディアファクトリー新書 066
  • ISBN
    978-4-8401-4928-0
  • 発売日
    2012年12月

740 (税込:799

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 冷奴を合間につまめば、どんな料理も「最初の旨さ」が永続する。煮物に油を1滴垂らすだけで、脳まで喜ぶ料亭の味に変化する。刺身、焼鳥、煮込みに漬物といった居酒屋の人気メニューをその場で、ググッと美味しくする、小さいけれど効果抜群な工夫の数々。栄養化学の知見を満載した15のストーリーがあなたの今夜の晩酌を何倍も豊かな時間に変えるだろう。居酒屋で、自宅で披露したくなる薀蓄満載のグルメ漫画。
目次
塩でビールを劇的にうまくする
刺身は2品目に頼むべし
冷や奴でおいしさを永続させる
1杯目はビール、2杯目から日本酒
自分だけの「日本酒3定番」をもつ
「油1滴」で料亭の味に変える
本当においしい焼き鳥の食べ方
漬け物がうまい店にハズレなし
食べ放題の天国と地獄
「おいしそうな色」の罠
温度と味の密な関係
落ち込んだときはハイカロリー!
「大人の味」はなぜうまい?
おいしさには「せつなさ」が必要
酒は一人で飲むものなのだ

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 漫画・居酒屋のつまみを劇的に旨くする技術
  • 漫画・居酒屋のつまみを劇的に旨くする技術

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中