ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 異変を訴える患者の急変前アセスメント 経過観察?コール?

  • 異変を訴える患者の急変前アセスメント 経過観察?コール?

異変を訴える患者の急変前アセスメント 経過観察?コール?

  • 佐藤健太/著 佐藤 健太
    北海道勤医協札幌病院内科医長。日本内科学会認定内科医。日本プライマリーケア・連合学会家庭医療専門医。東北大学医学部を卒業し、総合内科・家庭医療を学ぶ。内科病棟を中心に、回復期・在宅・終末期もこなし、リハビリ・栄養・終末期などにも力を注ぐ。また、プライマリ・ケアの現場から日本の医療を良くしていくために、医学教育や看護師教育、多職種協働、臨床研究や学会活動、Webでの情報発信なども行う

  • ISBN
    978-4-7760-1617-5
  • 発売日
    2012年11月

2,476 (税込:2,674

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 正しく迅速に患者情報を伝えるテクニック。
    総合医が使う「急に異変を訴える患者」の判断法を
    看護師向けにアレンジしました。センス・経験も問わない簡便な方法です

    重症。急いで呼ぶ。 どう伝える。 今できることは。
目次
第1章 緊急度・危険度のクイックアセスメント―「緊急度」と「危険度」の判定方法と対応策(急変の「予兆」
「緊急度」の判定方法
危険度判定方法―医師を呼ぶかどうか?)
第2章 “急変原因”推定のためのABCアプローチ―「病態」判断のための経過分類「臓器」推定のための病歴聴取(経過図を活用した、病態アセスメント
問診チェックリストで原因臓器を突き止める)
第3章 急変原因を確定するための、主訴別身体診察(身体診察セットによる原因臓器アセスメント
医師を口説くプレゼンテーション!)
第4章 医師が気持ちよく応じるプレゼンテーション―Basic Presentation Skills:非言語コミュニケーション・Minimum Presentation Skills:つかむ順番・Standard Presentation Skills:伝える内容

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 異変を訴える患者の急変前アセスメント 経過観察?コール?
  • 異変を訴える患者の急変前アセスメント 経過観察?コール?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中