ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 京に咲く同志の桜 新島八重・新島襄・山本覚馬の物語

  • 京に咲く同志の桜 新島八重・新島襄・山本覚馬の物語

京に咲く同志の桜 新島八重・新島襄・山本覚馬の物語

  • 桜井裕子/著 桜井 裕子
    東京生まれ。慶應義塾大学文学部英文科卒業。PHP研究所、PHPエディターズグループ勤務を経て、フリージャーナリストに。これまで、単行本の執筆、制作などの編集業務や講演活動を行う。月刊『正論』や『諸君!』などに、ジェンダーフリー問題を取材した論文を寄稿

  • ページ数
    233p
  • ISBN
    978-4-7593-1287-4
  • 発売日
    2012年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 話題を先取り!NHK大河ドラマ「八重の桜」の登場人物がよくわかる。神の手が巡り合わせた3人が織りなす奇跡の歴史ドラマ。
目次
八重の章(男まさりの頑丈な体を持つ八重のルーツ
文武両道を尊んだ会津の人々 ほか)
覚馬の章(切れ者・覚馬の知性の原点
失明と脊椎損傷が拓いた人生 ほか)
襄の章(キリスト者・襄の原点
「天父」を求めて外国へ ほか)
邂逅の章(帰国当初はキリスト教への強い反発があった
同志社設立につながる覚馬との出会い ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

新島八重と襄、そして八重の兄「山本覚馬」との関係に焦点あて、幕末の京都と会津を駆け抜けた青春群像。

ページの先頭へ

閉じる

  • 京に咲く同志の桜 新島八重・新島襄・山本覚馬の物語
  • 京に咲く同志の桜 新島八重・新島襄・山本覚馬の物語

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中