ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • オスカー・ピストリウス自伝 義足こそが僕の足

  • オスカー・ピストリウス自伝 義足こそが僕の足

ポイント倍率

オスカー・ピストリウス自伝 義足こそが僕の足

  • オスカー・ピストリウス/著 ジャンニ・メルロ/著 池村千秋/訳 ピストリウス,オスカー(Pistorius,Oscar)
    1986年11月22日、南アフリカ・ヨハネスブルク生まれ。両足義足のスプリンター。生まれつき両足に大きな障害をもって生まれ、生後11ヶ月で両足の脛から下を切断、17ヶ月で義足を使用。高校時代はクリケット、ラグビー、水球に熱中。15歳のときに最愛の母と死別。ラグビーの試合中でのけがをきっかけに、2004年1月より陸上競技を開始し、急速に短距離足の能力を発揮する。2004年アテネパラリンピックに初出場、100mで銅、200mで金メダルを獲得

    池村 千秋
    翻訳者

  • ページ数
    242p 図版14p
  • ISBN
    978-4-560-08261-4
  • 発売日
    2012年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,900 (税込:2,052

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 生後11ヶ月で両足を切断した少年が、両足義足のスプリンターとして史上初めてオリンピックに出場するまでの成長と挑戦の軌跡。
目次
結束の強い家族
冒険の日々
はじめての恋と傷
プレトリア男子高校で学んだこと
悲劇の夏
アテネパラリンピックへの挑戦
「障害」は特別か
義足は有利か
国際陸上競技連盟の実験調査
差別を超えて
忘れられない北京パラリンピック
夢のロンドンオリンピックへ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:DREAM RUNNER.IN CORSA PER UN SOGNO
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • オスカー・ピストリウス自伝 義足こそが僕の足
  • オスカー・ピストリウス自伝 義足こそが僕の足

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中