ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 三島由紀夫、左手に映画

  • 三島由紀夫、左手に映画

三島由紀夫、左手に映画

  • 山内由紀人/著 山内 由紀人
    1952年、東京都生まれ。立教大学文学部卒。文芸評論家。1984年、「生きられた自我 高橋たか子論」で第27回群像新人文学賞評論部門優秀作受賞

  • ページ数
    354p
  • ISBN
    978-4-309-02144-7
  • 発売日
    2012年11月

2,400 (税込:2,592

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 子供の頃から映画を愛した三島。思い入れの映画論、原作映画、演じた作品、監督作、三島の映画との関わりの全貌をまとめた初の一冊。
目次
映画が語る生涯
映画の愉しみ
映画、演劇、舞踏
戦後映画ベストテン
外国映画誌
日本映画誌
原作映画の世界
映画と文学
ジャン・コクトーと映画
鶴田浩二とやくざ映画
映画『からっ風野郎』と俳優宣言
映画『人斬り』と昭和四十年代
映画『憂国』の運命

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 三島由紀夫、左手に映画
  • 三島由紀夫、左手に映画

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中