ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 墜落の村 御巣鷹山日航機墜落事故をめぐる人びと

  • 墜落の村 御巣鷹山日航機墜落事故をめぐる人びと

墜落の村 御巣鷹山日航機墜落事故をめぐる人びと

  • 飯塚訓/著 飯塚 訓
    1937年、群馬県生まれ。作家。日本大学法学部卒業。1960年、群馬県警察官として採用され、以後、警察本部課長、警察学校長などを歴任。1985年、高崎署刑事官在職時に、日航ジャンボ旅客機123便御巣鷹山墜落事故が発生、身元確認班長に。1996年、退官

  • ISBN
    978-4-309-02145-4
  • 発売日
    2012年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,760

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • “御巣鷹墜落事故三部作”完結。1985年8月12日、日航機123便墜落。墜落現場・御巣鷹の尾根をかかえる上野村は、事故と遺族にどう対処し、「聖なる山」を守ってきたか―。墓守りとなった元極道もの“ナラカツ”、陣頭指揮を執った元零戦乗りの村長黒沢。二人の関わりを軸に、村民の献身と絆を描くノンフィクション・ノヴェル。
目次
序章 墓守りナラカツ
第1章 十石街道どんづまりの村
第2章 日航123便墜落の村
第3章 聖なる山を守る村
終章 風化させるまじ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 墜落の村 御巣鷹山日航機墜落事故をめぐる人びと
  • 墜落の村 御巣鷹山日航機墜落事故をめぐる人びと

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中