ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 自由民権期の社会

  • 自由民権期の社会

自由民権期の社会

  • 大日方純夫/著 大日方 純夫
    1950年、長野県生まれ。1973年、早稲田大学第一文学部卒業。現在、早稲田大学教授。専門は日本近代史(政治史・警察史・社会史)。日本・中国・韓国の研究者・教育者が共同で執筆にあたった『未来をひらく歴史―東アジア三国の近現代史』(2005年に日本ジャーナリスト会議特別賞を受賞)の日本側編集委員を務めた

「政治の季節」の社会の様子を探る

  • シリーズ名
    日本歴史私の最新講義 02
  • ページ数
    335p
  • ISBN
    978-4-906822-02-7
  • 発売日
    2012年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 自由民権運動の時代を彩っていたのは「政治」と「運動」だけなのか。「文明開化」はその後どうなったのか。自由民権運動の時期、人びとはどのように暮らしていたのか。「政治の季節」の社会の様子を探る。
目次
第1章 政治の季節
第2章 近代化の強制装置
第3章 生活の構造
第4章 娯楽の空間
第5章 社会の裏面と底辺
第6章 日本のなかの「世界」

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 自由民権期の社会
  • 自由民権期の社会

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中