ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 子どもの「こころの叫び」を聴いて! 笑顔を取り戻すための処方箋

  • 子どもの「こころの叫び」を聴いて! 笑顔を取り戻すための処方箋

ポイント倍率

子どもの「こころの叫び」を聴いて! 笑顔を取り戻すための処方箋

  • 網谷由香利/著 網谷 由香利
    北海道生まれ。東洋英和女学院大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了。博士(人間科学)。臨床心理士。専攻は臨床心理学、分析心理学。「佐倉心理療法研究所」所長。ユング派の分析家・織田尚生氏に師事。深刻なこころの傷を抱える多くのクライエントをサポートするセラピストとして、その驚異的力量が注目されている

  • ページ数
    222p
  • ISBN
    978-4-476-03317-5
  • 発売日
    2012年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 子どものこころはどのように傷つくのでしょうか。いじめ、不登校、引きこもり、虐待…“子どものこころの世界”を支えることが、今、求められています。
目次
第1章 子どものこころを支える(誰にも言えない「いじめ」の苦しみ(いじめられっ子の事例)
「いじめ」に潜む“こころの傷”(いじめっ子の事例)
現実が混乱し荒れるほど安心する“こころの中の災害”を抱える子どもたち ほか)
第2章 子どもの安全基地としての親のこころ(「母子同一化」をはばむ落とし穴
未解決な「こころの問題」を抱える母親たち
無意識に子どもを傷つける母親たちの心理 ほか)
第3章 親と子のこころの世界(“悲劇のヒロイン”の母親を持つ子どもたちの“こころの叫び”
誰も知らない日本型「ミュンヒハウゼン障害」と「ミュンヒハウゼン傾向」
「発達障害」というカテゴリーに閉じ込められた子どもたち ほか)
終章 小鳥が教えてくれたこころの交流

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 子どもの「こころの叫び」を聴いて! 笑顔を取り戻すための処方箋
  • 子どもの「こころの叫び」を聴いて! 笑顔を取り戻すための処方箋

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中