ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 猫にはなれないご職業 2

  • 猫にはなれないご職業 2

猫にはなれないご職業 2

  • シリーズ名
    ガガガ文庫 ガた4-2
  • ページ数
    294p
  • ISBN
    978-4-09-451379-0
  • 発売日
    2012年11月

571 (税込:617

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 『吾輩は猫又である。まるで仕事がない』かの有名な歌にもあるように、吾輩のような妖異にゃ学校も試験もなんにもないのは昔から知っていた。凄腕陰陽師の助手を生業としていた吾輩は、無職になって初めて職業紹介の場もないことに気がつき落胆しているのだ。そんな吾輩の心中を知ってか知らずか「私、おばあちゃんと同じ、陰陽師になるよ!」と宣言した桜子は、自分の修行になりそうな怪異スポットを捜していた。ある日、いわくつきの廃屋から帰ってきた桜子はある少女を連れてきたのだ。現当主のやることだ、吾輩もひとはだ脱いでやるとするか。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 中学生 高校生 一般

商品のおすすめ

吾輩は猫又である。現在無職である。かの有名な歌にもあるように、吾輩のような妖異にゃ学校も試験もなんにもないのは昔から知っていた。だが無職になって初めて職業紹介の場もないことに気がつき落胆しているのだ。そんな吾輩の心中を知ってか知らずか「私、おばあちゃんと同じ、陰陽師になるよ!」と宣言した桜子は、自分の修行になりそうな怪異スポットを探しておる。ある日、桜子がいわくつきの廃屋から帰ると国東茉莉という1人の少女を連れていた。「お願いします! 祓って欲しい鬼がいるんです……鬼を、祓ってください!」桜子との会話から察するに、この少女は廃屋に1人でおり何をしていたかは話してくれていないようである。そして鬼の姿、形ですら答えられないという。茉莉自身も何か事情があって答えられないようにも思えるが、これっぽっちの情報では……と吾輩が困っていると、桜子は「困ってるなら力になるよ。大船に乗った気でいなよ」といった。いやはや――桜子、困っているならどんな依頼人でも助けたいと思えるおまえはやっぱり藤里の人間だよ。現当主である桜子が受けた依頼だ。吾輩はその意思に沿う働きをしようではないか。

ページの先頭へ

閉じる

  • 猫にはなれないご職業 2
  • 猫にはなれないご職業 2

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中