ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 採用基準 地頭より論理的思考力より大切なもの

  • 採用基準 地頭より論理的思考力より大切なもの

採用基準 地頭より論理的思考力より大切なもの

  • 伊賀泰代/著 伊賀 泰代
    キャリア形成コンサルタント。兵庫県出身。一橋大学法学部を卒業後、日興證券引受本部(当時)を経て、カリフォルニア大学バークレー校ハース・スクール・オブ・ビジネスにてMBAを取得。1993年から2010年末までマッキンゼー・アンド・カンパニー、ジャパンにて、コンサルタント(アソシエイト、エンゲージメント・マネージャー)、および、人材育成、採用マネージャーを務める。2011年より独立。キャリアインタビューサイトMY CHOICEを運営し、リーダーシップ教育やキャリア形成に関する啓蒙活動に従事する

  • ページ数
    243p
  • ISBN
    978-4-478-02341-9
  • 発売日
    2012年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ●概要
    マッキンゼーの採用マネジャーを12年務めた著者が語る

    マッキンゼーと言えば、ずば抜けて優秀な学生の就職先として思い浮かぶだろう。
    そこでは学歴のみならず、地頭のよさが問われると思われがちで、応募する学生は論理的思考やフェルミ推定など学んで試験に挑もうとする。
    しかしマッキンゼーの人事採用マネジャーを10年以上務めた著者は、このような見方に対して勘違いだという。
    実はマッキンゼーが求める人材は、いまの日本が必要としている人材とまったく同じなのだ。
    だからこそ、マッキンゼーは「最強」と言われる人材の宝庫の源泉であり、多くのOBが社会で活躍しているのだ。
    本書では、延べ数千人の学生と面接してきた著者が、本当に優秀な人材の条件を説くとともに、日本社会にいまこそ必要な人材像を明らかにする。

    ●主な内容 ・マッキンゼーでの17年間
    ・コンサルティングより人材育成システム
    ・誤解される採用基準
    ・採用したいのは将来のリーダー
    ・東大法学部と経済学部の学生の違い
    ・スクリーニング基準と採用基準の違い
    ・日本の大企業で劣化する人
    ・能力の高い人より、これから伸びる人
    ・「マッキンゼー入社」を目標にしている人は採用されない
    ・不幸な海外MBAへの企業派遣制度
    ・すべての人に求められるリーダーシップ
    ・リーダーシップで人生をコントロールする
    ・メンタルセットの変化
    ・問題が解決できる
    ・自分の世界観が実現できる
    ・世界が拡がる
    ・価値観転換機関としてのマッキンゼー
目次
序章 マッキンゼーの採用マネジャーとして
第1章 誤解される採用基準
第2章 採用したいのは将来のリーダー
第3章 さまざまな概念と混同されるリーダーシップ
第4章 リーダーがなすべき四つのタスク
第5章 マッキンゼー流リーダーシップの学び方
第6章 リーダー不足に関する認識不足
第7章 すべての人に求められるリーダーシップ
終章 リーダーシップで人生のコントロールを握る

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

就職超難関企業と言われるマッキンゼーは、地頭のよさや論理的思考力が問われると思われがちだ。しかし元採用マネジャーの著者は、このような定説をきっぱりと否定する。マッキンゼーでは世界で通用する人材を求めており、頭のよさだけではない。それは現在の日本が必要としている人材像と同じと言える。
.

ページの先頭へ

閉じる

  • 採用基準 地頭より論理的思考力より大切なもの
  • 採用基準 地頭より論理的思考力より大切なもの

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中