ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「こどもと映画」を考える 13才までに見せたい名作映画50ガイド

  • 「こどもと映画」を考える 13才までに見せたい名作映画50ガイド

「こどもと映画」を考える 13才までに見せたい名作映画50ガイド

  • ISBN
    978-4-87376-404-7
  • 発売日
    2012年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 映画ほど情操教育・メディア教育に大切なものはない。こどもをめぐる「映画教育」の現状と課題を考える、はじめての本―13才までに見せたい名作50本も紹介。
目次
巻頭スペシャルインタビュー
小栗康平(映画監督)
中江裕司(映画監督)
戸田恵子(女優、キンダー・フィルム・フェスティバル チェアパーソン)

第1章 こどもたちに映画を見せる=映画教育の意義と現状
映画教育の現状と課題 提言&座談会
フランス、イギリスにおける「こどもと映画」事情
学校での映画教育の実際

第2章 映画教育をめぐるさまざまな取り組み
キンダー・フィルム・フェスティバル
「子ども映画館」とフィルムセンターの事業
絵本の読み聞かせと映画上映「ちいさなひとのえいががっこう」
放課後シネマ――川崎市アートセンター
こども映画教室――金沢21世紀美術館
こどもたちのための映画サイト「こども映画プラス」
etc.,

第3章 13才までに見せたい映画50作ガイド

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

小さい頃に映画館や学校の上映会でみんなで見た映画の記憶は、大人になってもいつまでも残っているもの。
映画ほど、こどもの情操教育にとっても有益なものはない。
にも関わらず、いまのこどもたちはかつてのように、映画に自然に接する機会は失われているようだ。
映画関係者へのスペシャルインタビューを皮切りに、映画・映像教育とは何か、その意義と課題をまとめた第1章と、
映画上映・教育に関わる組織や自治体などの様々な取り組みを紹介する第2章、
そして、こどもたちに見せたい映画を紹介する第3章の3部で構成。映画業界に関わる全ての人、教育関係者から、
こどもを持つ全ての家庭・映画ファンに向けて作られた、「こどもと映画」に関する初めてのガイドブック。

ページの先頭へ

閉じる

  • 「こどもと映画」を考える 13才までに見せたい名作映画50ガイド
  • 「こどもと映画」を考える 13才までに見せたい名作映画50ガイド

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中