ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 八重と新島襄

  • 八重と新島襄

八重と新島襄

  • 保阪正康/著 保阪 正康
    ノンフィクション作家・評論家。「昭和史を語り継ぐ会」主宰。1939年札幌市生まれ。同志社大学文学部卒。昭和史の実証的研究のため、延べ四千人に聞き書き取材を行い、独力で『昭和史講座』の刊行を続ける。2004年に第五十二回菊池寛賞を受賞

  • ページ数
    292p
  • ISBN
    978-4-620-32160-8
  • 発売日
    2012年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • “ハンサム・ウーマン”“会津のジャンヌ・ダルク”“日本のナイチンゲール”と評された新島八重とその夫で同志社の創立者・新島襄の人生の軌跡。
目次
第1章 山本八重の会津戊辰戦争―正史に抗する反骨(八重が心情を洩らした三度の証言
二人の出会い ほか)
第2章 脱国者・新島七五三太―一国の柱石養成の事業(八重と襄がいた空間でのある「光景」
襄の少年時代 ほか)
第3章 良心の全身に充満したる丈夫―初期同志社に集う人びと(「官許同志社英學校」
「熊本から来た連中」=熊本バンドの大量入学 ほか)
第4章 襄亡き後の四十二年―歴史と向き合う日々(襄との別れ
八重の腕に抱かれ「もう逝くよ」と ほか)
対談 ハンサム・ウーマンの内に潜む在野精神(新島襄は八重なしに存在しなかった
「日本のナイチンゲール」 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 八重と新島襄
  • 八重と新島襄

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中