ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • シモーヌ・ヴェイユ

  • シモーヌ・ヴェイユ

シモーヌ・ヴェイユ

  • 冨原眞弓/著 冨原 眞弓
    1954年生まれ。パリ・ソルボンヌ大学大学院修了、哲学博士。聖心女子大学哲学科教授

  • シリーズ名
    岩波人文書セレクション
  • ページ数
    308,23p
  • ISBN
    978-4-00-028561-2
  • 発売日
    2012年10月

2,600 (税込:2,808

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • シモーヌ・ヴェイユは生涯、「地表に蔓延する不幸」と闘いつづけた。比類なき誠実さと清冽な思索の全貌を描くヴェイユ研究の決定版。
目次
序章 家族・師・独立―パリ(一九〇九‐三一年)
第1章 全体主義と革命幻想―パリ/ベルリン(一九三〇‐三三年)
第2章 「遺書」としての「自由と社会的抑圧」―パリ(一九三四年)
第3章 教室・工場・戦場のはざまで―パリ/バルセロナ(一九三四‐三六年)
第4章 大戦への序曲―ヴェネツィア(一九三七‐三八年)
第5章 不幸と注意力―ポルトガル/アッシジ/ソレーム(一九三五‐四〇年)
第6章 政治の空白と思索の充溢―ヴィシー/マルセイユ(一九四〇‐四二年)
第7章 大戦と戦後のはざまで―ニューヨーク(一九四二年)
第8章 政治理論と神秘神学―ロンドン(一九四二‐四三年)
第9章 根こぎと根づきの弁証法―ロンドン(一九四三年)
終章 最後の使信―ロンドン~アッシュフォード(一九四三年)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • シモーヌ・ヴェイユ
  • シモーヌ・ヴェイユ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中