ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 今を生きるための「哲学的思考」 “想定外の世界”で本質を見抜く11の講義

  • 今を生きるための「哲学的思考」 “想定外の世界”で本質を見抜く11の講義

ポイント倍率

今を生きるための「哲学的思考」 “想定外の世界”で本質を見抜く11の講義

  • 黒崎政男/著 黒崎 政男
    哲学者。東京女子大学教授。1954年仙台市生まれ。東京大学大学院博士課程(哲学)満期修了。専門はカント哲学。人工知能、電子メディア、カオス、生命倫理など現代的諸問題を哲学の角度から解明している。NHK Eテレ「サイエンスZERO」(2003‐2012年)やNHKテレビBS2「熱中時間~“忙中”趣味あり~」(2004年‐2010年)にレギュラー出演するなど、TV、新聞、雑誌など幅広いメディアで活躍

  • ISBN
    978-4-534-05001-4
  • 発売日
    2012年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,540

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 哲学的思考は、普通は疑ったり、考え直したりしないような“ごく当たり前”に思えることを疑ってみるあり方です。「従来の当たり前」、「従来の常識」にとらわれたままでは、まっとうに“今”に生きていくことはできません。みなさんの身近にあるものをとりあげながら、「哲学」を使って、世の中の真実をつかむ方法を紹介しましょう。
目次
第1部 「哲学的に考える」とは、どういうことか(哲学とは「そもそも」という問いである
「今」の私達の考え方の根本にあるもの―「我思う故に我あり」と「コペルニクス的転回」
「哲学」は“今”に使えるのか
「哲学的思考」で“ロボットの心”を考えてみる)
第2部 「哲学的思考」を使ってみよう1 デジタル・ネットワークと私の「生き方」(デジタル・ネットワーク時代の“私”と“あなた”―バラバラな私達と「ネット監視」社会
“私”のいうことの終わり
「オリジナル」とは何か?―文化の本質と「コピペ」の問題
“知っている”ことの価値の喪失―「なんでも検索!」の世界で失ったもの)
第3部 「哲学的思考」を使ってみよう2 3・11以後の世界とテクノロジー―私達の絶望と新しい生き方(リスボンとフクシマ震災後、世界はどう変わったか?
リヴァイアサンとしてのテクノロジー―そば屋に特殊部隊の格好で行くか?「リスク社会」と「想定外」の問題
ニュートン的世界観からカオス的世界観へ―「天気予報」が当たらない当然の理由)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 今を生きるための「哲学的思考」 “想定外の世界”で本質を見抜く11の講義
  • 今を生きるための「哲学的思考」 “想定外の世界”で本質を見抜く11の講義

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中