ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • フィデル・カストロ自伝 勝利のための戦略 キューバ革命の闘い

  • フィデル・カストロ自伝 勝利のための戦略 キューバ革命の闘い

フィデル・カストロ自伝 勝利のための戦略 キューバ革命の闘い

  • フィデル・カストロ・ルス/著 山岡加奈子/訳 田中高/訳 工藤多香子/訳 富田君子/訳 カストロ・ルス,フィデル(カストロルス,フィデル/Castro Ruz,Fidel)1926年8月13日、キューバ・オリエンテ州(現オルギン州)生まれ。1950年ハバナ大学法学部を卒業し、その後ハバナで弁護士を開業。1953年モンカダ兵営襲撃失敗により収監されるが、その後釈放されメキシコに亡命。1956年革命軍を組織し、メキシコからグランマ号でキューバに潜入。ラ・シエラ・マエストラ山中でゲリラ闘争を開始。1959年元旦、革命戦争に勝利し、2月に首相に就任。1965年キューバ共産党第一書記就任を経て、1976年国家評議会議長となる
    山岡 加奈子(ヤマオカ カナコ)日本貿易振興機構アジア経済研究所主任研究員。早稲田大学法学部卒業、シカゴ大学国際関係学部修士課程修了、1989年より現職
    田中 高(タナカ タカシ)中部大学国際関係学部教授。ハバナ大学キューバ経済研究所客員研究員(2010~11年)
    工藤 多香子(クドウ タカコ)慶應義塾大学経済学部准教授
    富田 君子(トミタ キミコ)スペイン語通訳、翻訳家、コーディネーター。在京キューバ大使館に長年勤務し、キューバ・日本の政務・友好・文化・スポーツ交流に従事。現在、フリーコーディネーターとして日本におけるスペイン語圏の文化・芸術の紹介、国際交流推進活動に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • ページ数
    628p
  • ISBN
    978-4-7503-3668-8
  • 発売日
    2012年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,800 (税込:5,184

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • フィデル・カストロが自ら書き下ろしたキューバ革命の回顧録。1958年春から、同年8月に革命軍が政府軍をシエラ・マエストラから一掃したラス・メルセデスの戦いまでの経過を、当時のメモや手紙などの資料をもとに詳述する。
目次
キューバの全般的な、そして1958年5月の革命闘争の状況
我々の陣地を防御する準備
ラス・メルセデスの占領
ミナス・デ・ブエイシートからの圧力
南からの上陸
敵はラス・ベガスに到着
サント・ドミンゴに到着
南における重大な脅威
ラ・プラタの脅威
サン・ロレンソまで〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:LA VICTORIA ESTRATEGICA
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • フィデル・カストロ自伝 勝利のための戦略 キューバ革命の闘い
  • フィデル・カストロ自伝 勝利のための戦略 キューバ革命の闘い

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中