ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 闘病記専門書店の店主が、がんになって考えたこと

  • 闘病記専門書店の店主が、がんになって考えたこと

ポイント倍率

闘病記専門書店の店主が、がんになって考えたこと

  • 星野史雄/著 星野 史雄
    闘病記専門古書店「パラメディカ」店主。1952年、秋田県生まれ。早稲田大学第一文学部中国文学科卒、同大学院(中国文学)修士課程修了。慶應義塾大学斯道文庫嘱託職員、大手予備校私立医学部受験コース室長などを経て、1998年、「パラメディカ」を開店

  • ISBN
    978-4-8191-1174-4
  • 発売日
    2012年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 乳がんで妻を失った自分を救ってくれたのは「闘病記」だった。同じ病で苦しむ人たちの声、苦しみの軽減方法、希望の持ち方、そして諦観のあり様を知りたくて、闘病記専門古書店を設立。約2800冊を読破した。そんな私が、末期の大腸がん患者となった今、“知りすぎた自分”と格闘する。
目次
はじめに 家族が病気になるより自分が病気になるほうがましだ
第1章 まさか自分が「がん闘病者」になるとは!
第2章 はじまりは妻の「乳がん」だった
第3章 次第に壊れていく二人と一匹の生活
第4章 闘病記を探し求めて
第5章 「がん」と闘う患者と家族の声
第6章 病院に必要なのは闘病記専門の図書館
第7章 「がん」は再発するから「がん」なのだ
あとがき これまでに集めた2800冊あまりの闘病記
パラメディカおすすめ!病名別「闘病記」リスト

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 闘病記専門書店の店主が、がんになって考えたこと
  • 闘病記専門書店の店主が、がんになって考えたこと

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中