ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 赤十字標章の歴史 “人道のシンボル”をめぐる国家の攻防

  • 赤十字標章の歴史 “人道のシンボル”をめぐる国家の攻防

赤十字標章の歴史 “人道のシンボル”をめぐる国家の攻防

  • フランソワ・ブニョン/著 井上忠男/訳 ブニョン,フランソワ(Bugnion,Francois)
    ICRCのイスラエル、同占領地域、バングラデシュ、トルコ、チャド、ベトナム、カンボジア代表などを経て1989年からICRC法務原則部次長。その後、国際赤十字・赤新月運動常置委員会委員、赤十字国際委員会委員などを務める

    井上 忠男
    日本赤十字秋田看護大学教授。元日本赤十字社国際部開発協力課長、青少年課長、企画広報室参事

  • ISBN
    978-4-7989-0140-4
  • 発売日
    2012年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

1,600 (税込:1,760

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 赤十字標章、赤新月標章、赤の水晶標章…。統一標章であることが望ましい国際的保護標章は、なぜ三つの標章が並存するようになったのか?その経緯を国際会議の議事録などから解き明かす、「人道のシンボル」を巡る国家の攻防の歴史。
目次
第1章 標章の統一(起源
ロシア・トルコ戦争(一八七六年~一八七八年)
平和会議と改定会議(一八九九年、一九〇七年のハーグ会議、一九〇六年のジュネーブ会議)
一九二九年の会議
一九四九年の会議
近年の動向(一九四九年~一九七六年))
第2章 赤十字社の標章(各社の承認
未承認標章)
むすび(現状(一九七〇年代後半)
結語)
訳者による補記 赤十字標章を巡る現在の状況と赤のクリスタル標章の採用(二〇〇五年に第三追加議定書標章を採択
二重標章の問題)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
原題 原タイトル:The Emblem of the Red Cross
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 赤十字標章の歴史 “人道のシンボル”をめぐる国家の攻防
  • 赤十字標章の歴史 “人道のシンボル”をめぐる国家の攻防

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中