ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 涙と眼の文化史 中世ヨーロッパの標章と恋愛思想

  • 涙と眼の文化史 中世ヨーロッパの標章と恋愛思想

涙と眼の文化史 中世ヨーロッパの標章と恋愛思想

  • 徳井淑子/著 徳井 淑子
    1984年、お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士課程単位取得満期退学。現在、お茶の水女子大学人間文化創成科学研究科教授。専攻は、フランス服飾・文化史

  • ISBN
    978-4-7989-0137-4
  • 発売日
    2012年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

3,600 (税込:3,960

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • アーサー王物語の騎士の紋章、愛の悲しみを訴える抒情詩のレトリック、エンブレム・ブックの寓意等、中世から近世にかけて幾重にも重ねられた涙滴文の文学性と、それから浮き彫りになるヨーロッパの恋愛思想。涙と眠のモチーフをめぐる、雲と雨粒、ジョウロと水滴、さまざまな花々や動物たち、擬人化された心臓はじめ、中世ヨーロッパの豊かな形象世界を通じ、人生の有為転変のなか、ひとが「泣くこと」の意味を問う。
目次
第1章 涙のドゥヴィーズ
第2章 武芸試合と涙滴文
第3章 愛の文様
第4章 抒情詩と涙のレトリック
第5章 心と眼の形象化
終章 文様のその後

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 涙と眼の文化史 中世ヨーロッパの標章と恋愛思想
  • 涙と眼の文化史 中世ヨーロッパの標章と恋愛思想

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中