ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 小犬を連れた男

  • 小犬を連れた男

小犬を連れた男

  • ジョルジュ・シムノン/著 長島良三/訳 シムノン,ジョルジュ(Simenon,Georges)
    1903‐1989。フランスの小説家。ベルギーのリエージュの貧しい家庭に生まれる。15歳で学校をやめ、菓子屋、本屋などに勤めた後に16歳で地方紙の記者になり、17歳で処女作『めがね橋で』を発表して作家デビュー。27歳で発表した『怪盗レトン』からはじまる“メグレ警視シリーズ”は84篇を数え、各国語に翻訳されて世界的な名声を博す。生涯で300点を超える作品を発表している

    長島 良三
    フランス文学翻訳家。1936年東京生まれ。明治大学文学部仏文科卒業。早川書房編集部を経て翻訳家に

  • シリーズ名
    シムノン本格小説選
  • ISBN
    978-4-309-20603-5
  • 発売日
    2012年08月

2,000 (税込:2,200

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 傑作シリーズの第9弾。パリの石畳に散った一人の中年男の孤独な命。後には過去を克明に綴った2冊のノートと愛犬だけが残された。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:L’HOMME AU PETIT CHIEN
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 小犬を連れた男
  • 小犬を連れた男

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中