ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 適応放散の生態学

  • 適応放散の生態学

適応放散の生態学

  • ドルフ・シュルーター/著 森誠一/訳 北野潤/訳 シュルーター,ドルフ(Schluter,Dolph)
    ブリティッシュコロンビア大学・生物多様性研究所・動物学講座教授。専門分野、生態学、進化生物学

    森 誠一
    岐阜経済大学地域連携推進センター・教授、「本願清水イトヨの里」館長、理学博士。専門分野、動物生態学、社会行動学、保全生物学

    北野 潤
    国立遺伝学研究所新分野創造センター生態遺伝学研究室特任准教授、科学技術振興機構さきがけ研究員、医学博士。専門分野、進化遺伝学、生態遺伝学

  • ISBN
    978-4-87698-588-3
  • 発売日
    2012年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,000 (税込:4,400

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 何を食べるかやどのような場所に暮らすかの違いで、互いに近縁な生物が様々に進化し、多様な生態系を形作っていく仕組みはどのようなものだろうか。進化生物学の第一人者が、自身による豊富な研究事例を交えることにより、「適応放散」を軸として進化生態学を体系的に解説する。
目次
第1章 生態学的多様性の起源
第2章 適応放散の検出
第3章 適応放散の進行
第4章 適応放散の生態学説
第5章 異なる環境間でみられる分岐自然選択
第6章 分岐と種間相互作用
第7章 生態学的機会
第8章 種分化の生態学的基盤
第9章 遺伝的最小抵抗経路(genetic line of least resistance)に沿った分化
第10章 適応放散の生態学

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
原題 原タイトル:The Ecology of Adaptive Radiation

ページの先頭へ

閉じる

  • 適応放散の生態学
  • 適応放散の生態学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中