ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アジア独立論者福沢諭吉 脱亜論・朝鮮滅亡論尊王論をめぐって

  • アジア独立論者福沢諭吉 脱亜論・朝鮮滅亡論尊王論をめぐって

ポイント倍率

アジア独立論者福沢諭吉 脱亜論・朝鮮滅亡論尊王論をめぐって

  • 平山洋/著 平山 洋
    1961年神奈川県生まれ。1986年慶應義塾大学文学部哲学科卒業。1992年東北大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。1996年ハーバード大学ライシャワー日本学研究所客員研究員。現在、静岡県立大学国際関係学部助教

  • シリーズ名
    人と文化の探究 8
  • ページ数
    382,34p
  • ISBN
    978-4-623-06346-8
  • 発売日
    2012年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

7,000 (税込:7,560

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 福沢諭吉はアジア侵略論者なのか(歴史図書総目録より)
目次
第1部 福沢諭吉とナショナリズム(ナショナリズムの根拠―福沢諭吉の場合
福沢諭吉は公金一万五千ドルを横領したか
『学問のすヽめ』と『文明論之概略』
福沢諭吉は挑戦甲申政変の黒幕か)
第2部 『時事新報』論説の作られ方(『時事新報』論説とは何か
無署名論説からいかに福沢を見つけだすか
『時事新報』の「我輩」たち(一)―中上彦次郎時代
『時事新報』の「我輩たち(二)―伊藤欽亮時代から福沢捨次郎時代へ」)
第3部 ありがちな批判に答える(福沢への不当な評価―安川寿之輔著『福沢諭吉の戦争論と天皇制論』と杉田聡編『福沢諭吉 朝鮮・中国・台湾論集』
『時事新報』論説は誰の思想を表しているか
『時事新報』の論調は、対アジア強硬論一辺倒か
『福沢諭吉の真実』への反響)
第4部 独立自尊と文明政治(「朝鮮人民のために其国の滅亡を賀す」と文明政治の六条件
誰が『尊王論』を書いたのか
石川幹明が信じられない三つの理由―『福沢諭吉全集』「時事新報論集」の信憑性について
福沢諭吉における国家と個人)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

商品のおすすめ

福沢諭吉は戦後の左翼が批判するようなアジア侵略論者なのか。本書ではまず、福沢のナショナリズムの由来を踏まえたうえで、膨大な著作、とりわけ『時事新報』無署名社説の起草者を認定することを通じて、石河幹明ら周囲の人々の主張と明確に仕分けする。はたして新聞人として読者に伝えようとした福沢の「独立自尊」と「文明政治」とは、いかなる内容だったのか。本書ではその核心を詳細に論じる。

ページの先頭へ

閉じる

  • アジア独立論者福沢諭吉 脱亜論・朝鮮滅亡論尊王論をめぐって
  • アジア独立論者福沢諭吉 脱亜論・朝鮮滅亡論尊王論をめぐって

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中