ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 誰も知らなかったココ・シャネル
  • 誰も知らなかったココ・シャネル

  • 誰も知らなかったココ・シャネル
  • 誰も知らなかったココ・シャネル

ポイント倍率

誰も知らなかったココ・シャネル

  • ハル・ヴォーン/著 赤根洋子/訳 ヴォーン,ハル(Vaughan,Hal)
    1928年生まれ。アメリカのジャーナリスト、ノンフィクション作家。パリ在住。第二次大戦及び朝鮮戦争で軍務に就いた経験あり。朝鮮戦争では、アメリカ本国内でタクティカル・インテリジェンス(戦略上重要な情報の処理)に従事した。冷戦時代には、アメリカ国務省海外勤務員としてカラチやジュネーブなどで秘密情報活動に携わり、CIAの作戦の数々に関わった。GATTケネディ・ラウンドの際にアメリカ副大統領のスポークスマンを務めた経験、ベトナム戦争時代のサイゴンで勤務した経験も持つ

    赤根 洋子
    翻訳家。早稲田大学大学院修士課程修了(ドイツ文学)

  • ページ数
    410p
  • ISBN
    978-4-16-375510-6
  • 発売日
    2012年08月

1,900 (税込:2,052

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ドイツ占領下のフランス。外交官を名乗るドイツ人大物スパイの愛人となったシャネルは、ナチスの謀報活動に従事する。ナチスの狙いは、イギリス国王の従弟の元愛人でもあり、チャーチルにも通じる彼女の人脈だった。ピカソ、コクトー、イギリス国王、ロシア皇帝の従弟とも親交を結び、戦時下を生き延びた怪物シャネル。ベルリン陥落時にソ連軍が奪取した文書を、フランス在住のアメリカ人ジャーナリストが発掘。衝撃の事実を描いた異色の評伝。
目次
第1章 修道院の反ユダヤ教育
第2章 No.5誕生
第3章 英国王室の傘のもとで
第4章 ハリウッド進出
第5章 ディンクラーゲという男
第6章 お針子たちのストライキ
第7章 ホテル・リッツ
第8章 ナチスのスパイとなる
第9章 香水利権争奪戦
第10章 ヒムラーの密使
第11章 なぜ対独協力の罪に問われなかったのか
第12章 過去を封印する

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:SLEEPING WITH THE ENEMY
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中