ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 楚人冠 百年先を見据えた名記者杉村広太郎伝

  • 楚人冠 百年先を見据えた名記者杉村広太郎伝

楚人冠 百年先を見据えた名記者杉村広太郎伝

  • 小林康達/著 小林 康達
    1942年宇都宮市に生まれる。東京教育大学文学部卒、千葉県公立高校教員。現在、我孫子市教育委員会文化課嘱託職員

  • ページ数
    399p
  • ISBN
    978-4-7684-5687-3
  • 発売日
    2012年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,456

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • かつて朝日新聞に名記者がいた。明治期ロシアから欧州を旅し、雪の凶作地東北を踏破し救援を訴え、白瀬の南極探検や熊楠の自然保護を支援し、二葉亭・漱石・啄木と交わり、軽妙洒脱な随筆やコラムで読者を唸らせ、新聞の信頼確立に生涯を掛けた。戦前日本を代表する名記者の生涯。
目次
楚人冠の前半生(一八七二~一九〇二)
東京朝日新聞入社(一九〇三~一九〇四)
日露戦争の終結(一九〇五~一九〇六)
国際記者をめざして(一九〇七~一九〇八)
漱石、熊楠と楚人冠(一九〇九~一九一一)
明治の終焉(一九一〇~一九一二)
手賀沼から大戦下の欧州へ(一九一二~一九一六)
新たなる挑戦(一九一七~一九二三)
手賀沼から(一九二三~一九三〇)
軍国主義台頭のなかで(一九三一~一九三五)
一管の筆に託して(一九三五~一九四五)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 楚人冠 百年先を見据えた名記者杉村広太郎伝
  • 楚人冠 百年先を見据えた名記者杉村広太郎伝

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中