ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アウンサンスーチー 愛と使命

  • アウンサンスーチー 愛と使命

アウンサンスーチー 愛と使命

  • ピーター・ポパム/著 宮下夏生/訳 森博行/訳 本城悠子/訳 ポパム,ピーター(Popham,Peter)
    イギリス『インディペンデント』紙の外国特派員およびコメンテーター

    宮下 夏生
    ビルマ応援の会代表、美術史家、元明海大学講師、株式会社宮下事務所代表取締役。ロンドン大学大学院、オックスフォード大学、ミュンヘン大学、ハーバード大学、北京大学で学ぶ。BA取得

    森 博行
    慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了

    本城 悠子
    米国カリフォルニア大学バークレー校卒。美術史学士。現在、米国Space Systems/Loral社で東京事務所アドミニストレーターを務める

  • ページ数
    604p
  • ISBN
    978-4-7503-3620-6
  • 発売日
    2012年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,104

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 若き日の彼女は世界を点々としながら自分の道を探していた。1988年、母の看護で軍事政権下のビルマへ帰国し、その後全国遊説を開始。政権は弾圧と軟禁で応え、最愛の夫も失ったが、彼女はなおも闘い続け、ついに扉を開け放つ。奇跡の人の半生を描き切る。
目次
第1部 アウンサンの娘
第2部 孔雀の羽ばたき(呼び出し
デビュー
自由と虐殺
母の葬儀
全国遊説
父の血
反抗)
第3部 広い世界へ(悲しみの幼年期
五人の仲間―デリー時代
セントヒューズの東洋人―オックスフォード時代
選択のとき
スーパーウーマン―あるいは「オックスフォードの主婦」)
第4部 王国の継承者(軟禁の孤独
大差の勝利―総選挙とNLD
聖人万歳―亡命者と反乱軍
ノーベル平和賞
英雄と裏切り者)
第5部 明日への道(スーに会う
悪夢―デパイン虐殺事件
サフラン革命―立ち上がる僧侶たち
孔雀効果―ビルマから世界へ)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:THE LADY AND THE PEACOCK
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • アウンサンスーチー 愛と使命
  • アウンサンスーチー 愛と使命

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中