ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 舞台の神に愛される男たち

  • 舞台の神に愛される男たち

舞台の神に愛される男たち

  • 関容子/著 関 容子
    東京都に生まれる。日本女子大学国文科卒業。エッセイスト。昭和56年『日本の鴬―堀口大學聞書き』で日本エッセイスト・クラブ賞、平成11年『芸づくし忠臣蔵』で読売文学賞など受賞多数

  • ページ数
    335p
  • ISBN
    978-4-06-217712-2
  • 発売日
    2012年08月

1,900 (税込:2,052

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 数奇な「生」を徹底して面白がり、自らを独自に輝かせる。13人の名手が語る「人生の深遠」。
目次
「見せ物」の醍醐味を知る男―柄本明
軽演劇の香りをまとった「うまい」役者―笹野高史
カリカチュアの自由人―すまけい
仮面の名優―平幹二朗
演じる哲学者―山崎努
江戸者の武骨と愛嬌―加藤武
漂泊の吟遊詩人―笈田ヨシ
永遠の演劇青年―加藤健一
歌舞伎DNAへの挑戦者―坂東三津五郎
才能の化学反応を生むコンダクター―白井晃
美性と魔性のデカダンス―奥田瑛二
異界への案内人―山田太一
扉を開く劇薬売人―横内謙介

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 舞台の神に愛される男たち
  • 舞台の神に愛される男たち

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中