ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 複数の「ヒロシマ」 記憶の戦後史とメディアの力学

  • 複数の「ヒロシマ」 記憶の戦後史とメディアの力学

複数の「ヒロシマ」 記憶の戦後史とメディアの力学

  • 福間良明/編著 山口誠/編著 吉村和真/編著 福間 良明
    1969年生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。博士(人間・環境学)。現在、立命館大学産業社会学部准教授。専攻は歴史社会学・メディア史

    山口 誠
    1973年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(社会情報学)。現在、関西大学社会学部教授。専攻はメディア研究・歴史社会学

    吉村 和真
    1971年生まれ。立命館大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、京都精華大学マンガ学部准教授、国際マンガ研究センター長。専攻は思想史・マンガ研究

  • ISBN
    978-4-7872-3340-0
  • 発売日
    2012年06月

3,000 (税込:3,240

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 戦後日本でヒロシマは人々にいかに欲望されたのか。新聞・雑誌や映画、マンガ、観光を対象に、反戦・平和、被爆体験、原水爆禁止、反原発、原子力の平和利用など、時代・場所によって異なるヒロシマ像やその社会背景、そしてメディアの力学を多角的に読み解く。『はだしのゲン』の中沢啓治、『夕凪の街 桜の国』のこうの史代へのロングインタビューも所収。
目次
第1部 広島の「ヒロシマ」(「被爆の明るさ」のゆくえ―戦後初期の「八・六」イベントと広島復興大博覧会
大衆文化としての地方文芸と被爆体験―詩誌「われらの詩」「われらのうた」の文芸的公共性
連続と断絶の都市像―もう一つの「平和」都市・呉)
第2部 ポピュラー・カルチャーの力学(マンガに描かれた「ヒロシマ」―その“風景”から読み解く
“被爆国民”の「悲劇」と「怨嗟」―『ゴジラ』と「原爆映画」をめぐって
被曝変異譚への欲望―「ウルトラの世界」と放射線
廣島、ヒロシマ、広島、ひろしま―広島修学旅行にみる戦争体験の変容)
第3部 作家インタビュー(解題―「ヒロシマ」を描いた二人の漫画家
インタビュー 中沢啓治―戦後の社会史・メディア史における『はだしのゲン』
インタビュー こうの史代―非体験とマンガ表現)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 複数の「ヒロシマ」 記憶の戦後史とメディアの力学
  • 複数の「ヒロシマ」 記憶の戦後史とメディアの力学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中