ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 父トルストイの思い出

  • 父トルストイの思い出

父トルストイの思い出

  • イリヤ・トルストイ/著 青木明子/訳 トルストイ,イリヤ(Толстой,Илья)
    1866年、作家レフ・トルストイの第三子として生まれる。1890年代から中篇小説や短篇小説を書き始め、父トルストイもその才能を認めていた。第一次世界大戦に従軍記者として参加し、戦場からのルポルタージュを新聞に発表。父の死後まもなく回想を雑誌に書きはじめ、1914年に『わたしの思い出』として発表。1917年のロシア革命を目にして米国に亡命。トルストイの文学や思想の普及に努力し、晩年に『わたしの思い出』の大幅な加筆、修正にとりかかったが、アメリカの生活にはなじめず、病気に苦しみながら1933年にコネチカット州の病院で亡くなった

    青木 明子
    大阪外国語大学ロシア語科卒業、早稲田大学大学院修士課程卒業。元都立高校教員

  • シリーズ名
    ロシア作家案内シリーズ 9
  • ページ数
    365p
  • ISBN
    978-4-903619-34-7
  • 発売日
    2012年06月

3,000 (税込:3,240

現在、商品はございません。
「入荷お知らせ」をクリックし、メールアドレスを登録いただきますと、商品入荷時にメールでお知らせをさせていただきます。

詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 長編『戦争と平和』で世界的大作家となったレフ・トルストイを父に持ち、美しいロシアの自然にいだかれて育ったイリヤ。教育熱心な父の教えを直接受け、偉大な作家の家庭人としての日々の姿を間近に見て育った息子が父の死後まもなくつづりはじめた思い出の日々。農奴解放、戦争、皇帝暗殺―時代が大きく揺れ動いていた19世紀のロシアで常に社会の注目を浴び続けた作家である父の思想や社会活動、同時代の大作家トゥルゲーネフとの不和などの人間関係、そして世間を騒がせた晩年の家出と死まで、さまざまなエピソードの真実の姿を家族のひとりとして静かにやさしさをこめて語る超一級の回想録。
目次
家族の言い伝え
物心ついた頃
幼年時代の印象
ヤースナヤ・ポリャーナの召使いたち
家のたたずまい
父の性格とわが家の宗教教育
勉強と遊び
ターニャ叔母さん
サマーラ旅行
父が教えた遊びと読書〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:МОИ ВОСПОМИНАНИЯ
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • 父トルストイの思い出
  • 父トルストイの思い出

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中