ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 緑金書房午睡譚

  • 緑金書房午睡譚

緑金書房午睡譚

  • 篠田真由美/著 篠田 真由美
    1953年、東京都本郷生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。専攻は東洋文化。91年に『琥珀の城の殺人』が第二回鮎川哲也賞の最終候補となり、翌年、東京創元社より刊行

  • シリーズ名
    講談社ノベルス シI-23
  • ページ数
    281p
  • ISBN
    978-4-06-182835-3
  • 発売日
    2012年06月

980 (税込:1,058

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 高校へ通わなくなって数ヵ月。16歳の木守比奈子は、大学教授である父親が研究でイギリスへ行くことになったため、古本屋の「緑金書房」に居候する。店を営む金子緑朗は亡き母の親戚だというが、どこで寝ているのかがわからず、また同居しているはずの大叔母も一向に姿を見せない。多くの謎を秘めた古書店で、比奈子の前に突如、現れたのは? そして、彼女を襲う事件が――。※本書は2010年4月に単行本として刊行されたものを、加筆・修正してノベルス化したものです。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 緑金書房午睡譚
  • 緑金書房午睡譚

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中